2016年12月 3日 (土)

LHAE BR103 (26680) & BR01 F-Zug color (39009)

S20161202_3821

S20161202_3813

2016年新製品の目玉であるLHAE BR103 (26680) と、ドイツのゲッピンゲンで2016.10.21に開催された13th MHI membership meeting 記念モデルである BR01 F-Zug color (39009) が手元に届きました。

今年のオーダーは26680で打ち止めの予定だったのですが、10月頃にF-ZugカラーのBR01が限定記念モデルで出る事が判り急きょ追加でオーダーを入れた次第。

LHAE BR103 (26680) は期待通りの仕上がりの様で、それに加えてBR01 F-Zug color (39009) も良いですね~、F-Zugカラーの青がカッコ良いです。実際にはF-ZugカラーのBR01はファンタジーモデルらしいんですが...

F-ZugカラーのBR05と共に非常に魅力的なモデルです。

モデルの詳細なレポは後日時間が出来ましたら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

Bay S 2/6 Blue (37017) & SBB C 5/6 (39250)

S20161015_3176

今年の新製品であるSBB C 5/6 (39250) と 2016年のメッセモデルであるバイエルン S 2/6 ロイヤルブルーカラー (37017) がようやく到着しました。

詳細なレポは近々時間が出来ましたらアップする予定です。

パッと見た所、なかなか良い仕上がりの様で期待が高まります。取扱い説明書の表紙がカラー印刷になったのも良いですね。

S20161015_3186

S20161015_3188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

SBB Ce 6/8 III & SJ Da Electric Locomotive Double Set (31100)

(2016-07-21:1957年当時のカタログ写真追加、編集)

The Swedish Da meets the Swiss Crocodile for the anniversary of 100 years of the first Swedish State Railways' (SJ) electrified rail line in 1915.

S20160719_0250

スウェーデン国鉄電化100周年を記念し、スイス国鉄との共同企画として SJ Da と SBB Ce 6/8 III がスウェーデンにて顔合わせをするイベントが企画されました。

それを記念して発売されたのが 31100 SBB Ce 6/8 III & SJ Da Electric Locomotive Double Set になります。

http://www.maerklin.de/en/products/details/article/31100/

本来、発売は2015年のはずだったのですが遅れに遅れて、結局出荷が2016年の7月となり、先日やっと手元に到着しました。

基本的にはメルクリン1950~60年代製品のリバイバル再発売で、当時の製品番号は SJ Da が3019、SBB Ce 6/8 III が3015になります。

両製品とも、細かな仕様変更を加えながら1970年代末までカタログモデルとして残り、特に3015に関してはメルクリンを代表する名モデルで私がメルクリンを始めた子供の頃でも憧れのモデルでした。

今回リバイバル発売された3015は、外見と内部メカニズム的には当時の古めかしい古き良きメルクリンそのままでありながら、mfxデジタルデコーダーを搭載し現代的なデジタル化が施されています。

S20160719_0209

S20160719_0211

実際手元に届き実物と対面した時は、子供の頃憧れたモデルそのもので、高島屋メルクリン売り場で眺めていた40年近く前の思い出に思わず浸ってしまいました。

中古で入手する機会は何度もあったのですが、子供の頃の憧れのモデルでしたので新品で入手する機会を待った甲斐があったと言うものです。

手に持つとずっしりと重くダイキャストの質感が手に伝わって来ます。大きさは、子供の頃はもっと大きく感じたのですが大人になった今でも十分にその存在感を主張しています。

S20160719_0220

S20160719_0221

S20160719_0223


レールに乗せて走らせると、いやー良いですねえ、ゴリゴリガリガリ良い音がします、モーターオイルが焼ける匂いも素晴らしく、五感に訴えて来ます。

ヘッドライトを点灯させると、暖かみのある淡いオレンジ色で光り、古めかしい外見とあいまって再び古き良き時代へとタイムスリップさせてくれます。

S20160719_0216

そして、進行方向を変えるとスイスライト形式でリアは1灯で点灯するのですが、デジタル化の恩恵で、切り替え時にゆっくりと消えて、ゆっくりと明るくなるデジタルファンクションが施されています。

S20160719_0231

この味わい深い演出はさすがメルクリンといったところでしょうか。

以上、つらつらと書き綴って来ましたが、メルクリンの良さを再度知る事ができる出来事となりました。

*** 以下、追記(2016-07-21) ***

1957年当時のメルクリンカタログの写真が有りましたので載せておきます

30151957
3015 @1957

30191957
3019 @1957

30151951
3015(CCS 800) @1951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

alba社の書籍セール

ドイツの鉄道関係の出版社であるalba社が特売セールを行っています。

http://www.alba-publikation.de/

以前はお値段高めで買いにくかった書籍もお手頃価格で入手できます。

オーストリアの車両関係とかドイツ関係も気になる物が結構あったので日本アマゾンで取り寄せで7冊ほど入手しました。

興味の有る方は日本アマゾンで洋書、Alba Publikationを検索されたら宜しいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ルフトハンザ・エアポートエキスプレス(LHAE ET403)(37779)到着...

今年の新製品で最大の目玉モデルであるルフトハンザ・エアポートエキスプレス(LHAE ET403)(37779)が到着しました...

が、ちょっと多忙なのでモデル紹介は後日時間が出来てからアップします。

パッケージの蓋を開けてのパッと見ですが、モデルの出来に不満はありません。

ではでは、後日また。

P.S. パッケージのルフトハンザのマークはカラーだったら格好良かったのになあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) 到着

2014年の新製品として去年の10月に追加されたS 2/6ですが、去年のクリスマス直前に販売店に入荷していたものの販売店側での手違いで発送が遅れた事に加えて年末年始を挟んだ関係でやっと先日到着しました(^_^;)

Simg_0069

木製ケース込みでパッケージされているので外箱は大き目です。

Simg_0062

外箱の中はこんな感じで木箱になっています。

Simg_0064

木箱の蓋を開けると本体の御出座し。

Simg_0016

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) エポックIの蒸気機関車です。

Simg_0057

フロントはこんな感じで細かい所まで作り込まれています。

Simg_0045_2

側面から(車両前方)

Simg_0047

側面から(動輪部分)

Simg_0049

側面から(キャブ付近)

以上、車両の画像となります。

一言で言って、良い出来です。細密な作りでありながらメルクリンらしさをしっかりと残していて、絶妙なバランスで製品化されています。

外観:細かい所まで作り込んであります。ROCOの高価格モデル並みに細かくディテールアップされています、が、脆さは感じられません。良いバランスです。塗装の質感も良いですし、レタリングも肉眼では読めないレベルまで細かい文字がプリントされています。

ボディーの質感:ダイキャストボディー(一部キャブ回りはプラ。テンダーはダイキャスト)ですので外見の細密さとは裏腹に手に持った時に重量感が有りますし、プラのボディーに見られる安っぽさは有りません。

走行性能:微低速が効きます。低速で走らせながら売りの動輪の動きをじっくりと楽しむ事が出来ます。高速性能も良い感じで、加減速感も滑らかです。缶モーターですので走行音は静かで高級感が漂います。

サウンド:実機のサウンドは判らないのでリアルかどうかは不明ですが、最近発売されたモデルとしての面目は保っていると感じます。

総評:蒸気好きなら買いです。エポックIですので引かせる客車に困る場合も有るかも知れませんが、存在感のあるモデルですので単機で走らせても十分楽しめる事と思います。

評点:100点(マイナーモデルを製品化してくれた事を入れれば120点)

P.S. 塗装の質感ですが、あの質感、どこかで見た事があるなあと思ったのですが、思い出しました。Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881)の牽引機関車であるKPEV S10ですね。(http://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2009/08/der-hofzug-von-.html)。艶消し具合が強くなっていますが塗料の質感は似ていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

メルクリン 2015年 新製品

先日、2015年の新製品がメルクリン社から発表されました。(pdfのリンクは以下で)

http://mediencms.maerklin.de/media.php/de/pdfs/Neuheiten_GB.pdf

今年はMHI(メルクリン・ハンドラーズ・イニシアチブ)とLHAE(ルフトハンザ・エアポートエキスプレス)が25周年とのことで、新製品が多めに出ている様です。

いつもの様に気になるモデルをつらつらと(^_^)

26671

まずは26671 LHAEのBR111版ですね。1991年に2667として発売されたモデルの新版となります(2667についてはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/02/lufthansa-airpo.htmlをご覧ください)

BR111のパンタグラフがデジタルコントロールで上下できる事と、客車が28.2cmタイプに更新されています。

これが出るという事は、残りのBR103タイプとET403タイプが出るのはほぼ確実な予感がします。3種類全部そろえるのは一寸って感じです(2667と2668が在籍しています)のでET403へ予算を集中でしょうかね(^_^)。

30501

30501 Ae 6/6 の2両セットです。メルクリンの古き良き時代の製品であった3050を復刻させたモデルです。緑と赤の2両をセットで販売となります。

40661_3

40661 SBB 鉄板客車セット。上の30501と組み合わせる客車セットですね。これも復刻モデルとなります。

37578

37578 E03 メルクリンマガジンのイメージカラーでカラーリングしたE03で、もちろんフェイクモデルです。写真で見た感じではE10の青色とイメージ的に似通った所もあって、結構似合っている様に感じます。

42795_3

42975 CIWL オリエント急行セット 今回は青色のカラーリングで登場となります。寝台車2両、食堂車1両、荷物車2両の計5両編成です。

42796_3

42976 CIWL オリエント急行セット 42975への増結セットになります。寝台車2両で構成。

43874

43874 SBB 食堂車 以前出たSBBババリアセットに含まれていた食堂車の異塗装色バージョンです。編成にアクセントを付けて楽しむのに良さそうですね。

37144

37144 BR89 70-75 以前出ていた37143はエポックIIIでしたが今回はエポックIです。こちらのカラーリングの方がよく似合っている感じですね。

43058


43059_2

43058 & 43059  37144に合わせるのに丁度良い客車セットです。こちらもエポックIです。味の有る良いカラーリングですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

バイエルン S 2/6 型蒸気機関車(37015 2014年新製品)

今年の新製品としてバイエルンのS 2/6型蒸気機関車がメルクリン社から追加されました。

まあ、驚くばかりです。マイナーなモデルですし、BRAWA社から出来の良いモデルがすでに出ていますのでまさか出るとは予想もしていませんでした。

製品前モデルの写真が出回っていますので幾つか載せておきます。

37015_mot_01_s

37015_rechts

37015_det_02

37015_det_01

37015_det_03

37015_det_04

37015_det_05

37015_det_06

37015_det_08

37015_det_09

37015_det_10

Prototype:

Express train steam locomotive of the Bavarian type S 6.2 in dark green / black paint scheme of the Royal Bavarian State Railways (K.Bay.Sts.B.). With gold boiler bands. Locomotive running number 3201 did around 1906-07.

Model:

With digital decoder mfx and extensive sound functions. Controlled high-efficiency propulsion. 2 axles powered. Traction tires. Suitable for use smoke 72270th direction change over two headlights and upgradable smoke in conventional operation can be controlled digitally. Oncoming trains and cab lighting additionally digitally. The headlights are maintenance-free warm white light emitting diodes (LED). Detailed landing gear with open-bar frame. Streamlined paneling of smoke chamber, fireplace, cathedral and cylinder group and streamlined designed cab. Close coupling between the locomotive and tender. At the tender kinematics close coupler with NEM. The minimum radius of 360 mm. Piston rod protection sleeves are included separately.
Length over the buffers 25.1 cm. Locomotive is packaged in a decorative wooden box. Booklet on the history of S is 2.6.

At a Glance:

- Completely new tooling.
- Packed in a decorative wooden box.
- With booklet on the history of S 6.2.
- Very intricate and detailed design.
- The locomotive and tender are constructed mostly of metal.
- Mfx decoder with extensive sound and lighting functions.

One-time series.

Price € 499.95

You can find this product in a DC version in the Trix H0 assortment under item no. 22049

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

BR05 cab forward(39053)到着

名古屋めるぽっぽクラブさんの掲示板に上げたものと同じものになります。
(近日中に詳細なレポートに書き換える予定です)

2014年のインサイダーモデル キャブフォワードのBR05(39053)が届きましたので簡単なレビューでも。

外見:鰻のような「するり」とした印象を良く表していながら細かいディテールも施して有り、言う事の無い良いレベルの出来だと思います。炭水車も含めてダイキャストですので重量もかなり(844g)有り、牽引力もなかなかです。

内部機構:BR05(37050)やBR61(26610)と同じく、先台車(&従台車)と動輪がリンク機構により互い違いに動き、急カーブ対策がなされています。流線型ボディーは前後がかなり絞られているので先台車(&従台車)が当たる部分には小さな切欠きが施されています。

走行性能:このモデル、型番が「39053」のCサインモーター用の型番なのですが、実は載っているモーターは通常モーター(缶モーター)となっています。走りはCサインモーター並に十分滑らかかつ静粛です。高速走行でもカーブで脱線しない様に先台車の抑えバネはかなり固めで車重が掛かる様に配慮されています。

サウンド:これが一寸難点かなと感じます。と言いますのも動輪の回転に同期するブラスト音のテンポが速すぎる。倍速で回転している様に感じるテンポです。どうにか調整出来ないか情報収集中です。

総合評価:ブラスト音のサウンド以外は100点、マイナーなキャブフォワード機をモデル化してくれた事を入れれば120点です(^_^)BR05のキャブフォワード機がお好きでしたら手に入れるべきモデルだと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

赤いやつが(BR05 cabfoward 39053)

German State Railroad (DRB) class 05 streamlined express steam locomotive. Version with powdered coal firing and the engineer's cab at the front.

39053


今年の新製品 BR05 蒸気機関車 (キャブフォワード型)が出荷開始し、ドイツの販売店から発送されました!(^^)!

BR05の通常タイプ、流線型タイプとともにやっと3種類目が揃う形になります。出来栄えが期待出来そうなので到着が非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«戦略空軍命令(Strategic Air Command)(洋画)