« ZUGBILDUNG(MIBA REPORT) | トップページ | 鉛フリーはんだ »

2008年9月 7日 (日)

旧車のカップラー近代化(3034)

古いアナログ機関車をデジタル化した後、最近の製品と比べて外見上カップラーが古臭く感じる事があります。特に戦後登場した新制式機関車ではその感が強くなります。

今回は141型電気機関車(3034)のカップラーを最近のタイプに交換してみました。パーツが揃えば特に難しい事は有りませんのでドライバー1本で簡単に行えます。

2008_09070001

2008_09070003

使用したパーツはメルクリンETナンバーで以下の3点です。台車枠のプラスチック部分も同時に交換となります。

ET215952,ET344890,ET750200

カップラーは写真ではメルクリン型ですが、NEMならどれでも使えます。

2008_09070005

ドライバーで元のカップラーと台車枠のプラスチック部分を外します。

2008_09070004

外した元のパーツと新しいパーツを並べた所です。

2008_09070006

新しいパーツを取り付けます。

2008_09070007

2008_09070009

はい、これで完成です。

2008_09070011

全体はこんな感じ。

2008_09070013

もう一台の3034も交換しました。

2008_09070017

2008_09070019

|

« ZUGBILDUNG(MIBA REPORT) | トップページ | 鉛フリーはんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505532/42404040

この記事へのトラックバック一覧です: 旧車のカップラー近代化(3034):

« ZUGBILDUNG(MIBA REPORT) | トップページ | 鉛フリーはんだ »