« 豪華列車シリーズ第5回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その2 (8 9284:皇后用車両と御付の人(男性)用車両のセット) | トップページ | Die Baureihe 103 (Ek-Verlag Gmbh) »

2009年8月16日 (日)

豪華列車シリーズ第6回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その3 (8 9285:皇帝用車両と荷物車のセット)

  今回は「皇帝用車両」と「荷物車」の2両を紹介します

(写真はクリックすると大きくなります)

1.皇帝用車両

The Emperor's Salon Car (No. 1A from 1902)

S2009_08130031

ドイツ皇帝ウィルヘルム2世が乗車する車両です。この編成ではもっとも豪華な車両になるかと思います。

3軸ボギー台車を履いた大型の車両で、全長19.3m、車両重量はなんと65tにもなります。カラーリングは車体がベージュとブルーの2色で金色の飾り塗装有り、屋根はグレー、下回りは黒で塗られています。外見上は皇后用車両と似ていますが窓割り等に差異が有ります。

S2009_08130030

車両内部の構成は、写真左側から

①控えの間(部屋長:4.85m)ソファー等の豪華な応接内装
②皇帝用ベッドルーム(部屋長:2.2m)
③皇帝用の追加の部屋&バスルーム(部屋長:2.44m)
④副官用の部屋 バストイレ付(部屋長:2.4m)
⑤侍従用の部屋(部屋長:2.1m)
⑥洗面所
⑦暖房用ストーブ室と守衛室

(注:直訳なので名称などは正確ではありません)

と、なっています。

なお、後の1914年に行なわれた車両の改修工事において「④副官用の部屋」を取り去り、その場所へなんとバスタブ(浴槽)の付いたバスルーム(部屋長:2.43m)を設置しています。この結果車両の大部分が皇帝の使用する部屋となり、宮廷列車に相応しい設備を誇っています。

S2009_08130013

付属解説書の平面図です(車両写真とは左右が逆になります)

S2009_08130012

「①控えの間」の写真です

2.荷物車

The Imperial Court Train Baggage Car (No. 13 from 1893)

S2009_08130032

宮廷列車専用の荷物車です。2軸ボギー台車を履いた車両で、全長18.4m、車両重量は36.6t有ります。カラーリングは車体がベージュとブルーの2色で金色の飾り塗装有り、屋根はグレー、下回りは黒で塗られています。

S2009_08130033

車両内部の構成は、写真左側から

①暖房用ストーブ室、洗面所、乗務員用座席6席(そのうち3つはキューポラ部分に設置)(部屋長:2.1m)
②修理用部品室と技術員&修理工員室(部屋長:2.87m)
③宮廷列車司令室&鉄道局役人用室(部屋長:3.57m)
④荷物室(部屋長:5.16m)

(注:直訳なので名称などは正確ではありません)

と、なっています。

「③宮廷列車司令室、鉄道局役人用室」には、駅に到着時にすぐにホームに出て準備が出来るように専用ドアが設置されています。

S2009_08130014

付属解説書の平面図です(車両写真とは左右が逆になります)

S2009_08130011

付属解説書の目次です

|

« 豪華列車シリーズ第5回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その2 (8 9284:皇后用車両と御付の人(男性)用車両のセット) | トップページ | Die Baureihe 103 (Ek-Verlag Gmbh) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505532/45936440

この記事へのトラックバック一覧です: 豪華列車シリーズ第6回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その3 (8 9285:皇帝用車両と荷物車のセット):

« 豪華列車シリーズ第5回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その2 (8 9284:皇后用車両と御付の人(男性)用車両のセット) | トップページ | Die Baureihe 103 (Ek-Verlag Gmbh) »