« 豪華列車シリーズ第7回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その4 (8 9287:御付の人(女性)用車両と食堂車) | トップページ | メルクリン150周年記念 BR120 (37530) »

2009年8月29日 (土)

豪華列車シリーズ第8回 SIMPLON-ORIENT-EXPRESS (HR4010,4020,4011)

リバロッジから2007年に発売されたシンプロンオリエント急行のセットです。

(写真はクリックすると大きくなります)

各セットの内容は次の通りです

HR4010:荷物車1両とLx型寝台車2両
HR4020:荷物車1両、Lx型寝台車1両、食堂車1両
HR4011:プルマン車1両

シンプロンオリエント急行は第1次世界大戦後の1919年にベルギーのワゴンリ社により運行を開始し、第2次世界大戦の始まる1939年まで運行されました。それまでのオリエント急行はドイツとオーストリアを通るルートでしたが、ドイツの敗戦を機にシンプロントンネル(1905年開通)を通るルートに変更され、所要時間は67時間から56時間へと半日以上も短縮されました。これによりこの新しい列車の名称にシンプロントンネルの名前が入る事となります。

列車はLx型寝台車3両、食堂車1両、プルマン車1両、荷物車2両の合計7両から構成され、運行ルートは客車のサボによれば

パリ-(シンプロントンネル)-ミラノ-ベオグラード-ソフィア-イスタンブール

となっています。

1.Lx型寝台車(3両)

1人用個室10室から構成され、Lxはデラックスの略称を表しています。その名の通りワゴンリの車両中最もデラックスな寝台車でもっぱらパリとコートダジュールを結ぶ青列車(トランブルー)に使用されオリエント急行には殆ど用いられなかった様です。

Entreprises Industrielles Charentaisesにて1929年に製造。

Hr40103496

No:3496

Hr40103499

No:3499

Hr40203514

No:3514

2.食堂車

2人用のテーブルと4人用のテーブルがそれぞれ7つ、通路をはさんで並べられ、計42席からなる食堂車です。黄金の矢号(Fleche d'Or:フレッシュドール)に試験的に使用された事が有る様です。

Smetchwick de Birmingham (Grande-Bretagne)にて1925年に製造。

Hr40202867

No:2867

3.プルマン車

ワゴンリ社には寝台車や食堂車だけではなく昼間の旅の為に贅沢なサロン車も持っていました。車内には通路の両側に一列づつテーブルをはさんで椅子が並び、食事や飲み物がボーイによって座席まで運ばれました。オリエント急行にはミラノ-ベネツィア間など一部の区間に連結された事がある程度の様です。黄金の矢号(Fleche d'Or:フレッシュドール)用として製造。

The Leeds Forge COにて1926年に製造。

Hr40114069

No:4069

4.荷物車(2両)

オリエント急行用に製造された荷物車。列車を監視するキューポラが屋根の上に設置されています。

Metropolitan-Cammell Carriage, Wagon and Finance Companyにて1929年に製造。

Hr40101263

No:1263

Hr40201270

No:1270

牽引機としてはフランスの蒸機あたりがお似合いかなと思います。

S2009_08100019

フランス231A型(ETATなので正確に言うとおかしいのですが...(^^ゞ)

|

« 豪華列車シリーズ第7回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その4 (8 9287:御付の人(女性)用車両と食堂車) | トップページ | メルクリン150周年記念 BR120 (37530) »

コメント

こんにちは、I.Y.さん

Hormby傘下のRivarossiになってもCIWLモデルは素晴らしいですね。以前より更に磨きが掛かったようにすら見えます。この列車編成はLx寝台車に食堂車、更にプルマンまで組成されているのは、当時としても贅沢の極みと言えましょうねぇ。
このSimplon Orient Expressセットの編成の中で気になったのは2867の食堂車モデルです。2867は窓の形状や楕円でない乗降扉窓などからTyp. Fleche d'Orではなさそうですね。それでも品格を感じさせる佇まいは私の心を釘付けにします。
ここで、ちょっと質問ですが、食堂車やプルマンの室内照明(テーブルランプも含む)は別売りであるのでしょうか?
私も以前のRivarossiのプルマン改造の食堂車に照明を入れたいと常々思っているものの、まだ実現出来ていません。(昔の照明パーツは既に市場から消えています)

投稿: Akira | 2009年8月30日 (日) 14時48分

Akiraさん こんにちは

リバロッジのこのシリーズは全般的に時代考証的には??なところが有る様に感じます(^^ゞ

一般受けが良いような車両を選んでセットにしたのかも?

そうそう、食堂車がFleche d'Or用かどうかの件ですが次のフランスのサイトにそれらしい記述が有ったので一応載せてみました。良く読むとFleche d'Or用と言うよりも試験的に使用された事が有っただけみたいですね。ブログの方、訂正しておきます。

http://trains.wikia.com/wiki/2867-2881_(CIWL)

車内照明キットは残念ながらカタログには無い様ですし、製品のパッケージにも記述は有りません。

投稿: I.Y. | 2009年8月30日 (日) 18時26分

早速のご返答ありがとうございます。
列車名のFleche d'Orについては私も詳しくはないのですが、プルマン編成(WSP/WSPC)かと思っていたもので。

参考のためにCIWLモデルの一覧表を...
http://gamos81.altervista.org/Estero/pdf/Carrozze/CIWL.pdf

車内照明はまだ製品化されていないのですね。製品化を期待して待ちましょう。

投稿: Akira | 2009年8月30日 (日) 19時42分

I.Y. さん、素晴らしい写真と詳細な情報、ありがとうございます。ほんとうに勉強になります。

さて、私もI.Y.さんと同じくRivarossiのモデルの購入を考えているのですが、一つ質問させてください。

I.Y.さんのHR4010, 4020, 4011とHR4088, 4089, 4090の違いをご存知でしたら、お教え願えませんか?

KW

投稿: KW | 2010年1月 8日 (金) 19時35分

KWさん 初めまして 宜しくです(^^)

リバロッジの4088、4089、4090 はどうやら "Ostende-Wien Express"の様です。リバロッジのサイトでは詳しい記載が有りませんが下記のショップで記載が有りました。

http://www.reynaulds.com/products/Rivarossi/4088.aspx

リバロッジの場合、仕様やカラーリングの変更が有りますので、ご心配でしたら店頭での現物の確認をお勧めします。

また、各種オリエント急行のルートについてはwikiペディアでご覧になれます。

投稿: I.Y.(300B) | 2010年1月 9日 (土) 15時35分

I.Y.さん、

 昨年の1月9日にコメントさせていただいてから1年以上も経ってしまいました。ご無沙汰してしまい、またお礼のコメントができず申し訳ありません。
 実は、私現在フランス駐在中です。知人の話ですと、どうも海外からのアクセスを遮断しているサイトが多いようで、私がフランスからアクセスしてもコメントを残そうとするとエラーになっていました。先週の日本出張が終わり、これからフランスに戻るところです。

 4010と4088の違いの説明、ありがとうございました。その後、4010を手に入れ、そしてようやく先々週に4020を手に入れたところです。4011はまだですが。。。
 手に入れて気づいたのですが、4010は客車の屋根が白ではなく黄色みがかっているんですね。I.Y.さんの写真もよく見るとそのように見えますが、最初に質問させてもらったときにはてっきり白だと思っていました。

 それからリバロッシから現行のシンプロンオリエントエクスプレスの車両(屋根は白、台車に白のマーキング付き)が発売されましたね。これも手に入れたいのですが、まずは4011を探さねば。。。

 お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。今後もいろいろな情報をお教えください。

KW

 

投稿: KW | 2011年5月29日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505532/46061661

この記事へのトラックバック一覧です: 豪華列車シリーズ第8回 SIMPLON-ORIENT-EXPRESS (HR4010,4020,4011):

« 豪華列車シリーズ第7回 Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881) その4 (8 9287:御付の人(女性)用車両と食堂車) | トップページ | メルクリン150周年記念 BR120 (37530) »