« オーストリア国鉄(OeBB) "CityShuttle" 2階建客車セット (43540) 3回目 中間車 その2 | トップページ | 原稿が... »

2010年2月14日 (日)

Lufthansa Airport Express (Frankfurt-Stuttgart line with BR111) (2667) 1回目 BR111

Lufthansa Airport Express , German Federal Railroad class 111 electric locomotive and 3 Avmz compartment cars in special edition.

先日、ドイツの某販売店から長年探していた中古のモデルがいくつか届きましたのでご紹介して行きたいと思います。

その中から、今回から4回に渡ってルフトハンザ・エアポート・エクスプレス(LHAE)のBR111版(2667)を取り上げます。その後、続いてBR103版(2668)もご紹介する予定です。

S2010_02130001

ET403がお好きな方でしたら1982~1993年にフランクフルト~デュッセルドルフ間で運行されていた白と黄色で塗り分けられたルフトハンザ・エアポート・エクスプレス(LHAE)を写真や実物で目にされた方も多いと思われます。

一方、このモデルは1990~1991年にフランクフルト~シュトゥットガルト間にてBR111電気機関車牽引で運行されていたLHAEカラーの3両編成の客車列車になります。

1回目の今回はこの列車の牽引機であるBR111電気機関車LHAEカラーをご紹介します。

S2010_02090013

1991年の1年限りで、MHIモデルとしてメルクリンから発売されました。

LHAEカラーを纏った美しいカラーリングの電気機関車です。ホワイトのボディーカラーに裾には黄色のラインが入りなんとも上品ですね。LHAEのロゴも現代的な感覚に溢れていて印象的です。そして前面のDBロゴも赤色でアクセントを添えています。

S2010_02090014

付随する客車の統一したカラーリングと相まって、編成を組ませると美しさが一層際立ち、今でもファンが多いのも頷ける所です。

実車仕様一覧

製造年:1974-1984年
製造両数:227両
車輌番号:001-227
車輌長:16,750mm
車輌重量:83t
軸配置:Bo'Bo'
電動機数:4
電動機出力:3700Kw (925Kw x4)
最高速度:160 Km/h

S2010_02090022

モデルとしての造りは発売当時の標準カラーのBR111と同じ構造で、車体はプラスチック製でシャーシがダイキャスト成型の金属製、片台車にモーターを搭載し平ギヤーで2軸を駆動します。

モデルの型番から解る様にデジタル機なのですが、デジタル初期のモデルですのでデコーダーが6080系(C80シリーズ)の古いタイプです。この為、モーターはACタイプのままですので走行特性は現在のデジタルとは比べ物にならない低いレベルで、今で言う所のデルタ機と同等なレベルです。

美しさに見合う走行特性にする為に、近い内にDCモーター化とデジタル化を行なう予定です。出来ればフルサウンド化も良いかもしれません。

S2010_02090023

車輌番号は 111 049-3 です。

|

« オーストリア国鉄(OeBB) "CityShuttle" 2階建客車セット (43540) 3回目 中間車 その2 | トップページ | 原稿が... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505532/47557659

この記事へのトラックバック一覧です: Lufthansa Airport Express (Frankfurt-Stuttgart line with BR111) (2667) 1回目 BR111:

« オーストリア国鉄(OeBB) "CityShuttle" 2階建客車セット (43540) 3回目 中間車 その2 | トップページ | 原稿が... »