« 気になるDVD | トップページ | 42283 Rheingold set (Epoch II) »

2011年7月11日 (月)

A2700(クリアパルス Mr.Gamma)

4月の上旬くらいからでしょうか、取手や柏、松戸、葛飾あたりの常磐線沿線の放射線量が周辺に比べて高いとネット上で言われ始め、最近では「首都圏ホットスポット」としてマスコミ関係にも取り上げられるようになりました。

上記の該当地域では無いのですが、こんな事情で5月くらいから放射線測定器を買わねばならんなあと思い始めた矢先、友人とこの話題で盛り上がり共同購入ということで5月末に発注、1か月以上の納期待ちでやっと到着したので簡単に紹介でも(^^)

2011_07060030

外箱の外見です

2011_07060032

箱から出した所

2011_07060038

操作パネルです、右が電源ボタン、左がパルスカウント音のオン/オフ

2011_07060037

電源オン後、60秒待つと計測開始、数値の単位はマイクロシーベルト/時、です。

この表示では1時間当り0.067マイクロシーベルトとなります。私の居住地域の原発事故以前の自然放射線は0.05と言われていましたから、まあ心配の無い値ですね。

2011_07060041

気になるこの十字のマークはγ線を検知するセンサーが在る位置を示しています。

センサーはよく聞くガイガー・ミュラー計数管では無くて「CsI(ヨウ化セシウム)シンチレーター&フォトダイオード」ってやつで、加えてエネルギー補償付です。

本体左側にコネクターが有って、そこに今後発売予定の追加の機械を繋ぐとパソコンと合わせ技で「ガンマ・スペクトロメーター」になって放射性核種の分析が出来るようになる拡張性も有ります。拡張キットの値段?、たぶんお高いと思いますよ(^^ゞ

安い買い物ではありませんでしたが、安心を考えたら適価だと思います。気になる方は導入を検討されたらいかがでしょうか。

お金に糸目をつけない方でしたらポケットサーベイメーターとして日立アロカのPDR111、食品検査用としてBerthold TechnologiesのLB200なんかを買うと面白いかも知れません。

|

« 気になるDVD | トップページ | 42283 Rheingold set (Epoch II) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505532/52139556

この記事へのトラックバック一覧です: A2700(クリアパルス Mr.Gamma):

« 気になるDVD | トップページ | 42283 Rheingold set (Epoch II) »