« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月18日 (土)

バイエルン S 2/6 型蒸気機関車(37015 2014年新製品)

今年の新製品としてバイエルンのS 2/6型蒸気機関車がメルクリン社から追加されました。

まあ、驚くばかりです。マイナーなモデルですし、BRAWA社から出来の良いモデルがすでに出ていますのでまさか出るとは予想もしていませんでした。

製品前モデルの写真が出回っていますので幾つか載せておきます。

37015_mot_01_s

37015_rechts

37015_det_02

37015_det_01

37015_det_03

37015_det_04

37015_det_05

37015_det_06

37015_det_08

37015_det_09

37015_det_10

Prototype:

Express train steam locomotive of the Bavarian type S 6.2 in dark green / black paint scheme of the Royal Bavarian State Railways (K.Bay.Sts.B.). With gold boiler bands. Locomotive running number 3201 did around 1906-07.

Model:

With digital decoder mfx and extensive sound functions. Controlled high-efficiency propulsion. 2 axles powered. Traction tires. Suitable for use smoke 72270th direction change over two headlights and upgradable smoke in conventional operation can be controlled digitally. Oncoming trains and cab lighting additionally digitally. The headlights are maintenance-free warm white light emitting diodes (LED). Detailed landing gear with open-bar frame. Streamlined paneling of smoke chamber, fireplace, cathedral and cylinder group and streamlined designed cab. Close coupling between the locomotive and tender. At the tender kinematics close coupler with NEM. The minimum radius of 360 mm. Piston rod protection sleeves are included separately.
Length over the buffers 25.1 cm. Locomotive is packaged in a decorative wooden box. Booklet on the history of S is 2.6.

At a Glance:

- Completely new tooling.
- Packed in a decorative wooden box.
- With booklet on the history of S 6.2.
- Very intricate and detailed design.
- The locomotive and tender are constructed mostly of metal.
- Mfx decoder with extensive sound and lighting functions.

One-time series.

Price € 499.95

You can find this product in a DC version in the Trix H0 assortment under item no. 22049

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

BR05 cab forward(39053)到着

名古屋めるぽっぽクラブさんの掲示板に上げたものと同じものになります。
(近日中に詳細なレポートに書き換える予定です)

2014年のインサイダーモデル キャブフォワードのBR05(39053)が届きましたので簡単なレビューでも。

外見:鰻のような「するり」とした印象を良く表していながら細かいディテールも施して有り、言う事の無い良いレベルの出来だと思います。炭水車も含めてダイキャストですので重量もかなり(844g)有り、牽引力もなかなかです。

内部機構:BR05(37050)やBR61(26610)と同じく、先台車(&従台車)と動輪がリンク機構により互い違いに動き、急カーブ対策がなされています。流線型ボディーは前後がかなり絞られているので先台車(&従台車)が当たる部分には小さな切欠きが施されています。

走行性能:このモデル、型番が「39053」のCサインモーター用の型番なのですが、実は載っているモーターは通常モーター(缶モーター)となっています。走りはCサインモーター並に十分滑らかかつ静粛です。高速走行でもカーブで脱線しない様に先台車の抑えバネはかなり固めで車重が掛かる様に配慮されています。

サウンド:これが一寸難点かなと感じます。と言いますのも動輪の回転に同期するブラスト音のテンポが速すぎる。倍速で回転している様に感じるテンポです。どうにか調整出来ないか情報収集中です。

総合評価:ブラスト音のサウンド以外は100点、マイナーなキャブフォワード機をモデル化してくれた事を入れれば120点です(^_^)BR05のキャブフォワード機がお好きでしたら手に入れるべきモデルだと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

赤いやつが(BR05 cabfoward 39053)

German State Railroad (DRB) class 05 streamlined express steam locomotive. Version with powdered coal firing and the engineer's cab at the front.

39053


今年の新製品 BR05 蒸気機関車 (キャブフォワード型)が出荷開始し、ドイツの販売店から発送されました!(^^)!

BR05の通常タイプ、流線型タイプとともにやっと3種類目が揃う形になります。出来栄えが期待出来そうなので到着が非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »