« 2014年10月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年1月26日 (月)

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) 到着

2014年の新製品として去年の10月に追加されたS 2/6ですが、去年のクリスマス直前に販売店に入荷していたものの販売店側での手違いで発送が遅れた事に加えて年末年始を挟んだ関係でやっと先日到着しました(^_^;)

Simg_0069

木製ケース込みでパッケージされているので外箱は大き目です。

Simg_0062

外箱の中はこんな感じで木箱になっています。

Simg_0064

木箱の蓋を開けると本体の御出座し。

Simg_0016

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) エポックIの蒸気機関車です。

Simg_0057

フロントはこんな感じで細かい所まで作り込まれています。

Simg_0045_2

側面から(車両前方)

Simg_0047

側面から(動輪部分)

Simg_0049

側面から(キャブ付近)

以上、車両の画像となります。

一言で言って、良い出来です。細密な作りでありながらメルクリンらしさをしっかりと残していて、絶妙なバランスで製品化されています。

外観:細かい所まで作り込んであります。ROCOの高価格モデル並みに細かくディテールアップされています、が、脆さは感じられません。良いバランスです。塗装の質感も良いですし、レタリングも肉眼では読めないレベルまで細かい文字がプリントされています。

ボディーの質感:ダイキャストボディー(一部キャブ回りはプラ。テンダーはダイキャスト)ですので外見の細密さとは裏腹に手に持った時に重量感が有りますし、プラのボディーに見られる安っぽさは有りません。

走行性能:微低速が効きます。低速で走らせながら売りの動輪の動きをじっくりと楽しむ事が出来ます。高速性能も良い感じで、加減速感も滑らかです。缶モーターですので走行音は静かで高級感が漂います。

サウンド:実機のサウンドは判らないのでリアルかどうかは不明ですが、最近発売されたモデルとしての面目は保っていると感じます。

総評:蒸気好きなら買いです。エポックIですので引かせる客車に困る場合も有るかも知れませんが、存在感のあるモデルですので単機で走らせても十分楽しめる事と思います。

評点:100点(マイナーモデルを製品化してくれた事を入れれば120点)

P.S. 塗装の質感ですが、あの質感、どこかで見た事があるなあと思ったのですが、思い出しました。Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881)の牽引機関車であるKPEV S10ですね。(http://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2009/08/der-hofzug-von-.html)。艶消し具合が強くなっていますが塗料の質感は似ていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

メルクリン 2015年 新製品

先日、2015年の新製品がメルクリン社から発表されました。(pdfのリンクは以下で)

http://mediencms.maerklin.de/media.php/de/pdfs/Neuheiten_GB.pdf

今年はMHI(メルクリン・ハンドラーズ・イニシアチブ)とLHAE(ルフトハンザ・エアポートエキスプレス)が25周年とのことで、新製品が多めに出ている様です。

いつもの様に気になるモデルをつらつらと(^_^)

26671

まずは26671 LHAEのBR111版ですね。1991年に2667として発売されたモデルの新版となります(2667についてはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/02/lufthansa-airpo.htmlをご覧ください)

BR111のパンタグラフがデジタルコントロールで上下できる事と、客車が28.2cmタイプに更新されています。

これが出るという事は、残りのBR103タイプとET403タイプが出るのはほぼ確実な予感がします。3種類全部そろえるのは一寸って感じです(2667と2668が在籍しています)のでET403へ予算を集中でしょうかね(^_^)。

30501

30501 Ae 6/6 の2両セットです。メルクリンの古き良き時代の製品であった3050を復刻させたモデルです。緑と赤の2両をセットで販売となります。

40661_3

40661 SBB 鉄板客車セット。上の30501と組み合わせる客車セットですね。これも復刻モデルとなります。

37578

37578 E03 メルクリンマガジンのイメージカラーでカラーリングしたE03で、もちろんフェイクモデルです。写真で見た感じではE10の青色とイメージ的に似通った所もあって、結構似合っている様に感じます。

42795_3

42975 CIWL オリエント急行セット 今回は青色のカラーリングで登場となります。寝台車2両、食堂車1両、荷物車2両の計5両編成です。

42796_3

42976 CIWL オリエント急行セット 42975への増結セットになります。寝台車2両で構成。

43874

43874 SBB 食堂車 以前出たSBBババリアセットに含まれていた食堂車の異塗装色バージョンです。編成にアクセントを付けて楽しむのに良さそうですね。

37144

37144 BR89 70-75 以前出ていた37143はエポックIIIでしたが今回はエポックIです。こちらのカラーリングの方がよく似合っている感じですね。

43058


43059_2

43058 & 43059  37144に合わせるのに丁度良い客車セットです。こちらもエポックIです。味の有る良いカラーリングですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年10月 »