« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月19日 (火)

SBB Ce 6/8 III & SJ Da Electric Locomotive Double Set (31100)

(2016-07-21:1957年当時のカタログ写真追加、編集)

The Swedish Da meets the Swiss Crocodile for the anniversary of 100 years of the first Swedish State Railways' (SJ) electrified rail line in 1915.

S20160719_0250

スウェーデン国鉄電化100周年を記念し、スイス国鉄との共同企画として SJ Da と SBB Ce 6/8 III がスウェーデンにて顔合わせをするイベントが企画されました。

それを記念して発売されたのが 31100 SBB Ce 6/8 III & SJ Da Electric Locomotive Double Set になります。

http://www.maerklin.de/en/products/details/article/31100/

本来、発売は2015年のはずだったのですが遅れに遅れて、結局出荷が2016年の7月となり、先日やっと手元に到着しました。

基本的にはメルクリン1950~60年代製品のリバイバル再発売で、当時の製品番号は SJ Da が3019、SBB Ce 6/8 III が3015になります。

両製品とも、細かな仕様変更を加えながら1970年代末までカタログモデルとして残り、特に3015に関してはメルクリンを代表する名モデルで私がメルクリンを始めた子供の頃でも憧れのモデルでした。

今回リバイバル発売された3015は、外見と内部メカニズム的には当時の古めかしい古き良きメルクリンそのままでありながら、mfxデジタルデコーダーを搭載し現代的なデジタル化が施されています。

S20160719_0209

S20160719_0211

実際手元に届き実物と対面した時は、子供の頃憧れたモデルそのもので、高島屋メルクリン売り場で眺めていた40年近く前の思い出に思わず浸ってしまいました。

中古で入手する機会は何度もあったのですが、子供の頃の憧れのモデルでしたので新品で入手する機会を待った甲斐があったと言うものです。

手に持つとずっしりと重くダイキャストの質感が手に伝わって来ます。大きさは、子供の頃はもっと大きく感じたのですが大人になった今でも十分にその存在感を主張しています。

S20160719_0220

S20160719_0221

S20160719_0223


レールに乗せて走らせると、いやー良いですねえ、ゴリゴリガリガリ良い音がします、モーターオイルが焼ける匂いも素晴らしく、五感に訴えて来ます。

ヘッドライトを点灯させると、暖かみのある淡いオレンジ色で光り、古めかしい外見とあいまって再び古き良き時代へとタイムスリップさせてくれます。

S20160719_0216

そして、進行方向を変えるとスイスライト形式でリアは1灯で点灯するのですが、デジタル化の恩恵で、切り替え時にゆっくりと消えて、ゆっくりと明るくなるデジタルファンクションが施されています。

S20160719_0231

この味わい深い演出はさすがメルクリンといったところでしょうか。

以上、つらつらと書き綴って来ましたが、メルクリンの良さを再度知る事ができる出来事となりました。

*** 以下、追記(2016-07-21) ***

1957年当時のメルクリンカタログの写真が有りましたので載せておきます

30151957
3015 @1957

30191957
3019 @1957

30151951
3015(CCS 800) @1951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年10月 »