2010年3月 7日 (日)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 6回目 Apuem121 その2 (00776-12)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の6回目です。

今回はコンパートメント客車Apuem121のもう1両 (00776-12)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220037
Apuem121 (00776-12)

車輌番号以外は2回目でご紹介したApuem 121 (00776-08)と同じ物になります。並んだ小窓が美しいです。

S2010_02220038
Apuem121 (00776-12)

TEEカラーが良く似合っていますね(^^♪

S2010_02220053
Apuem121 (00776-12)

サボはミュンヘン行、7号車となっています。

S2010_02220052
Apuem121 (00776-12)

車輌番号は Apuem121  61 80 18-80 112-5 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 5回目 BAR/1等車 ARDuem105 (00776-11)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の5回目です。

今回はBAR/1等車 ARDuem105 (00776-11)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220035
ARDuem105 (00776-11)

BAR/1等 合造車です。写真の右半分がバーの部分、左半分が1等室部分になります。

編成内に食堂車に加えてバーも付くとはなんとも豪勢な話です、当時のTEEのステータス性が感じられますね(^^♪

S2010_02220036
ARDuem105 (00776-11)

TEEカラーに書かれた"TRANS EUROP EXPRESS"の文字がなんとも誇らしげです。

S2010_02220051
ARDuem105 (00776-11)

サボはミュンヘン行、6号車です。

S2010_02220050
ARDuem105 (00776-11)

車輌番号は ARDuem105  61 80 84-80 103-3 です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 5日 (金)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 4回目 食堂車 WRuemh132 (00776-10)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の4回目です。

今回は食堂車 WRuemh 132(00776-10)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220033
WRuemh 132(00776-10)

TEEの編成で一般的に見られる食堂車ですが、メルクリンの新規格客車では初めての登場となります。今まではラインゴルドのコブ付き食堂車だけでしたので、このモデルの登場によりTEEの編成を組む上でのバリエーションが広がりました。

S2010_02220034
WRuemh 132(00776-10)

モデルとしての出来は非常に良く、テーブルランプが別付けパーツで再現されている上に窓ガラスの透明度&平滑度が良い為、精密感が向上しています。

TEEカラーにあしらわれたDSGの文字がカッコいいです(^^)

S2010_02220049
WRuemh 132(00776-10)

サボはミュンヘン行で、号車番号は有りません。

S2010_02220048
WRuemh 132(00776-10)

車輌番号は WRuemh 132  61 80 88-80 114-6 です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 4日 (木)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 3回目 Avuem111 その2 (00776-09)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の3回目です。

今回は1等コンパートメント客車 Avuem 111 の2両目(00776-09)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220031
Avuem 111 (00776-09)

車輌番号が違う以外は1回目のAvuem 111 (00776-07)と同じ物になります。均整の取れた美しい車輌ですね(^^)

S2010_02220032
Avuem 111 (00776-09)

同じくTEEカラーが美しいです。

S2010_02220047
Avuem 111 (00776-09)

サボはミュンヘン行、3号車です。

以下、資料として当時の編成図を載せて置きます。

S2010_0220058
一番上が1965年~1969年までの編成図です

S2010_02220060
E03 004号機が牽く"Blauer Enzian"  TEE 55 1967年9月

S2010_02220046
Avuem 111 (00776-09)

車輌番号は Avuem 111  61 80 19-80 107-4 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 2回目 Apuem121 その1 (00776-08)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の2回目です。

今回はApuem 121 (00776-08)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220029
Apuem 121 (00776-08)

TEE用、1等オープンタイプ客車です。

各席ごとの小窓がずらりと並んだ車輌側面が印象的な車輌です。スマートな車体と相まって良い感じですね。

S2010_02220030
Apuem 121 (00776-08)

TEE用のツートンカラーのカラーリングも良く似合っています。

S2010_02220044
Apuem 121 (00776-08)

サボはミュンヘン行きで4号車です。

S2010_02220043
Apuem 121 (00776-08)

車輌番号は Apuem 121  61 80 18-80 103-4 です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 2日 (火)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 1回目 Avuem111 その1 (00776-07)

4 type Avümh 111 TEE compartment cars, 1st class, with roofs rounded on the ends, 4 type Apümh 121 TEE open seating cars, 1st class, with roofs rounded on the ends, 2 type TEE ARDümh 105 bar cars, 1st class, with roofs with vertical ends, and 2 type WRümh 132 TEE dining cars with roofs with vertical ends, all painted and lettered for the German Federal Railroad (DB). The cars look as they did in the fall of 1967.

2009年の新製品で注目のモデル、"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)をこれから数回に渡ってご紹介して行きたいと思います。

販売店からは1月の中頃には届いていたのですが、諸事情により取り上げるのがかなり遅れ、紹介は取りやめようかとも思ったのですが、大判の写真で紹介されているサイトが無い様なので記事をアップする事にしました。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

00776

S2010_02220054

モデルの元となった実車は、以前ご紹介したF 55/56 "Blauer Enzian"の後を引き継ぎ、1965年からTEEとして運行を開始したTEE 55/56、"Blauer Enzian"です。パンフレットの説明によれば1967年の秋頃の姿を元にしている様です。

セットの構成は全12両(6両セットが2編成:ミュンヘン行きとハンブルク行き)ですが、ドイツの販売店から片方の編成、ミュンヘン行きのみを購入しました。ミュンヘン行き編成のセット内容は以下の通りです。(残りの00776-01~06はハンブルク行の編成です)

00776-07 Avuem 111
00776-08 Apuem 121
00776-09 Avuem 111
00776-10 WRuemh 132
00776-11 ARDuem 105
00776-12 Apuem 121

今回はその中から00776-07 Avuem 111 をご紹介します。

S2010_02220025
00776-07 Avuem 111

TEE用、1等コンパートメントタイプ客車です。屋根の端が丸屋根タイプとなります。ベージュとワインレッドのTEEツートンカラーが美しいですね(^^)

S2010_02220026
00776-07 Avuem 111

モデルはメルクリンの新規格客車ですので全長が28.2cm有り、以前の26.4cm客車と比べてかなり実車のイメージに近づきました。 実車の26.4m有る長い車体が良く再現されていると思います。

S2010_02220042
00776-07 Avuem 111

サボのプリントも非常に緻密で良い感じです。行き先はミュンヘンで5号車となっています。

S2010_02220041
00776-07 Avuem 111

車輌番号は Avuem 111  61 80 19-80 111-6 です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月31日 (日)

Die Baureihe 61. und der Henschel-Wegmann-Zug (Ek-Verlag Gmbh)

  先日、以前から探していたBR61&HWZに関する本がやっと入手出来ましたのでご紹介したいと思います。出版元はアイゼンバーン・クーリエを出しているEK-Velrag社です。

S2010_01290001

ハードカバー: 160ページ
出版社: Ek-Verlag Gmbh
言語:ドイツ語
ISBN-10: 3882551615
ISBN-13: 978-3882551617
発売日: 2005/10
本のサイズ: 29.8 x 21 x 1.6 cm

メルクリンのBR61に関してはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/henschel-wegman.htmlで、同HWZ客車に関してはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/henschel-wegm-1.htmlにてご紹介しましたが、本書はそれらの実車に関して1冊にまとめた物になります。

加えて、HWZ客車が戦後、 F 55/56 "Blauer Enzian" (http://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/f-5556-blauer-e.html) として復活した姿も含めて解説されています。

S2010_01290002
本書の目次

1.HWZの構想段階から実車の完成まで

S2010_01290003

S2010_01290021

S2010_01290004

S2010_01290022

2.HWZ客車

S2010_01290005
各車輌の写真と図面

S2010_01290006
車内の様子

3.完成披露

S2010_01290007

S2010_01290008
中央:アドルフ・ヒトラー

4.BR61 2号機 61-002

S2010_01290009

S2010_01290010
左ページ下の写真はヘンシェル社からDRGへの出荷回送の様子。連絡線がKasselの街中を通っている。

5.戦後、F 55/56 "Blauer Enzian"で復活したHWZ客車

S2010_01290011
試案と実車図面 その1 (食堂/荷物 合造車)

荷物室と食堂室キッチンの間に有るのは、編成に電気を供給するディーゼル発電機(x2機)。

S2010_01290012
試案と実車図面 その2 (中間車と展望車)

S2010_01290013
車内の様子:

左ページの右上は元(DRG時代)3等室2部屋を1つにして定員8(3+2+3)人の部屋にしたもの。左下は展望室。右ページの上は展望室を逆方向から見た写真。下は上記8人部屋を逆方向から撮ったもの(元は2部屋なので窓ガラスが2枚有る)。

S2010_01290014
各車輌の写真

6.戦後の BR61 2号機 61-002(東ドイツにて)

S2010_01290017

この様にページ数の割には非常に濃い内容に仕上がっています。BR61やHWZがお好きな方でしたらぜひお勧めします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031) 5回目 1/2等車 その2

F-Zug wagen set "Blauer Enzian" (Liliput 350031)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031)セットの紹介の最終回、5回目です。今回はセットに2両含まれている1/2等車の残りの1両をご紹介します。

S2009_12190019

前回の車輌と同様にGruppe29の客車で、内部も同様に、コンパートメントタイプの客室で中央の2室が1等室、残りの客室が2等室となっています。

S2009_12190020

カラーリングも同様に、車体がF-Zugの標準である鉄青色に白色のラインが1本、屋根が銀色、下回りが黒色となっています。DBとBlauer Enzianのレタリングも同様に施されています。

号車番号は5号車になります。

S2009_12190034

車輌番号は AB4ue 11363 Mu です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031) 4回目 1/2等車 その1

F-Zug wagen set "Blauer Enzian" (Liliput 350031)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031)セットの紹介の4回目です。今回は2両含まれている1/2等車のうちの1両をご紹介します。

S2009_12190015

当時のF-Zugで一般的に使用されていたGruppe29の客車で、外見的にはこれと言った特徴は有りません。内部はコンパートメントタイプの客室で中央の2室が1等室、残りの客室が2等室となっています。

S2009_12190016

カラーリングは、車体がF-Zugの標準である鉄青色に白色のラインが1本、屋根が銀色、下回りが黒色となっています。

展望車やサロン車と同様に、車体中央には銀色でDBのレタリング(実車では切り抜き文字)、車体左側には誇らしげにBlauer Enzianのレタリング(実車ではサボ)が銀色で施されています。

号車番号は4号車になります。

S2009_12190032

車輌番号は AB4ue 11461 Mu です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031) 3回目 食堂車

F-Zug wagen set "Blauer Enzian" (Liliput 350031)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031)セットの紹介の3回目になります。今回は食堂車を取り上げます。

S2009_12190011

エポック3の時代によく見られる一般的な食堂車で、外見的には特に目立つ特徴などは見受けられません。車輌の1/3ほどが厨房部分で残りの2/3が食堂部分となっています。食堂部分には4人掛けのテーブルが7つ、2人掛けのテーブルが8つ配置されていて合計44席となっています。

当時の写真などを見ると、このタイプ以外にもSchuerzen-wagenの食堂車も使用されています。

S2009_12190012

カラーリングは車体が一般的な赤色、屋根が銀色、下回りが黒色で、車体中央にDSGのレタリングとマークが黄色で施されています。

S2009_12190031

車輌番号は WR4u(e) 1050 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)