2010年1月 2日 (土)

Die BLS - Eine moderne Alpenbahn - Eisenbahn Journal Special 1-1998 (Eisenbahn Journal)

今年一番の記事は、スイス鉄道関係の書籍紹介の続きで7回目になります。

今回は BLS を取り上げたアイゼンバーン・ジャーナルの特集号を紹介します。

S2009_12240029

Die BLS - Eine moderne Alpenbahn - Eisenbahn Journal Special 1-1998

中綴じ: 98 ページ
出版社: VGB Verlagsgruppe Bahn
ISBN-10: 3896100238
ISBN-13: 978-3896100238
本のサイズ: 29.2 x 20.8 x 0.8 cm

S2009_12240030
目次です

前回ご紹介したゴッタルド峠と来れば、次はBLSとシンプロントンネルとなる訳でして、今回取り上げる本書ではBLS鉄道とシンプロントンネルを合わせて解説をおこなっています。

最初にBLSの歴史を簡単に解説した後、路線を幾つかの区間に分け、いにしえの白黒写真と現代のカラー写真を交えながら歴史と沿線を解説しています。歴史的に非常に興味深い写真や沿線のスイスらしい美しいカラー写真を見ていると、隠れた深い歴史の重みを感じる事でしょう。

S2009_12240031

S2009_12240032

S2009_12240033

S2009_12240034

S2009_12240035

S2009_12240036

S2009_12240037

S2009_12240038

S2009_12240039

S2009_12240041

BLSの路線とシンプロントンネル、1冊で2度楽しめるお買い得な1冊です。 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

スイス BLS鉄道 多用途電気機関車 Re 485 (36852)

BLS Lötschbergbahn AG (Bern-Lötschberg-Simplon Railroad) class 485 general-purpose locomotive. Dual system locomotive.(36852)

スイス国鉄のつながりで同じスイスのBLS鉄道で使用されている多用途電気機関車 Re 485 (36852)を紹介します。

S2009_10270051

2005年頃からメルクリン社が廉価版のモデルとして、ボンバルディア社のTRAXXタイプの電気機関車シリーズの発売を開始しました。このモデルもその内の一台でBLS鉄道のRe485をモデルにしています。

廉価版のモデルですので外見上の多少の省略(手摺や屋根上の高圧線)は行なわれているものの、メルクリン伝統のダイキャスト製金属ボディーはしっかりと受け継がれています。内部構造は車体中央にモーター(廉価モデルですので安価なモーターです)を配置し、ユニバーサルジョイントで前後の台車を駆動する形式を取っています。走行音などは多少の安っぽさが有るものの十分な走行性能は備えています。

S2009_10270052

カラーリングはシルバーの車体に蛍光グリーンとブルーのblsの文字をあしらったなんとも派手な配色となっています。屋根上はグレー、下回りは黒色です。

実車仕様一覧

製造年度:2002、2004
製造両数:20
車輌番号:Re485 001-020

全長:18,900 mm
車輌重量:84 t

軸配置:Bo'Bo'

電動機出力:5600 Kw
最高速度:140 Km/h

S2009_10270061

車両番号は Re 485 005-3 です。

派手なカラーリングが強い個性を醸し出しています。お気に入りの1台です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)