2016年12月 3日 (土)

LHAE BR103 (26680) & BR01 F-Zug color (39009)

S20161202_3821

S20161202_3813

2016年新製品の目玉であるLHAE BR103 (26680) と、ドイツのゲッピンゲンで2016.10.21に開催された13th MHI membership meeting 記念モデルである BR01 F-Zug color (39009) が手元に届きました。

今年のオーダーは26680で打ち止めの予定だったのですが、10月頃にF-ZugカラーのBR01が限定記念モデルで出る事が判り急きょ追加でオーダーを入れた次第。

LHAE BR103 (26680) は期待通りの仕上がりの様で、それに加えてBR01 F-Zug color (39009) も良いですね~、F-Zugカラーの青がカッコ良いです。実際にはF-ZugカラーのBR01はファンタジーモデルらしいんですが...

F-ZugカラーのBR05と共に非常に魅力的なモデルです。

モデルの詳細なレポは後日時間が出来ましたら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

Bay S 2/6 Blue (37017) & SBB C 5/6 (39250)

S20161015_3176

今年の新製品であるSBB C 5/6 (39250) と 2016年のメッセモデルであるバイエルン S 2/6 ロイヤルブルーカラー (37017) がようやく到着しました。

詳細なレポは近々時間が出来ましたらアップする予定です。

パッと見た所、なかなか良い仕上がりの様で期待が高まります。取扱い説明書の表紙がカラー印刷になったのも良いですね。

S20161015_3186

S20161015_3188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) 到着

2014年の新製品として去年の10月に追加されたS 2/6ですが、去年のクリスマス直前に販売店に入荷していたものの販売店側での手違いで発送が遅れた事に加えて年末年始を挟んだ関係でやっと先日到着しました(^_^;)

Simg_0069

木製ケース込みでパッケージされているので外箱は大き目です。

Simg_0062

外箱の中はこんな感じで木箱になっています。

Simg_0064

木箱の蓋を開けると本体の御出座し。

Simg_0016

S 2/6 (K.Bay.Sts.B.) (37015) エポックIの蒸気機関車です。

Simg_0057

フロントはこんな感じで細かい所まで作り込まれています。

Simg_0045_2

側面から(車両前方)

Simg_0047

側面から(動輪部分)

Simg_0049

側面から(キャブ付近)

以上、車両の画像となります。

一言で言って、良い出来です。細密な作りでありながらメルクリンらしさをしっかりと残していて、絶妙なバランスで製品化されています。

外観:細かい所まで作り込んであります。ROCOの高価格モデル並みに細かくディテールアップされています、が、脆さは感じられません。良いバランスです。塗装の質感も良いですし、レタリングも肉眼では読めないレベルまで細かい文字がプリントされています。

ボディーの質感:ダイキャストボディー(一部キャブ回りはプラ。テンダーはダイキャスト)ですので外見の細密さとは裏腹に手に持った時に重量感が有りますし、プラのボディーに見られる安っぽさは有りません。

走行性能:微低速が効きます。低速で走らせながら売りの動輪の動きをじっくりと楽しむ事が出来ます。高速性能も良い感じで、加減速感も滑らかです。缶モーターですので走行音は静かで高級感が漂います。

サウンド:実機のサウンドは判らないのでリアルかどうかは不明ですが、最近発売されたモデルとしての面目は保っていると感じます。

総評:蒸気好きなら買いです。エポックIですので引かせる客車に困る場合も有るかも知れませんが、存在感のあるモデルですので単機で走らせても十分楽しめる事と思います。

評点:100点(マイナーモデルを製品化してくれた事を入れれば120点)

P.S. 塗装の質感ですが、あの質感、どこかで見た事があるなあと思ったのですが、思い出しました。Der Hofzug von Kaiser Wilhelm II (2881)の牽引機関車であるKPEV S10ですね。(http://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2009/08/der-hofzug-von-.html)。艶消し具合が強くなっていますが塗料の質感は似ていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

バイエルン S 2/6 型蒸気機関車(37015 2014年新製品)

今年の新製品としてバイエルンのS 2/6型蒸気機関車がメルクリン社から追加されました。

まあ、驚くばかりです。マイナーなモデルですし、BRAWA社から出来の良いモデルがすでに出ていますのでまさか出るとは予想もしていませんでした。

製品前モデルの写真が出回っていますので幾つか載せておきます。

37015_mot_01_s

37015_rechts

37015_det_02

37015_det_01

37015_det_03

37015_det_04

37015_det_05

37015_det_06

37015_det_08

37015_det_09

37015_det_10

Prototype:

Express train steam locomotive of the Bavarian type S 6.2 in dark green / black paint scheme of the Royal Bavarian State Railways (K.Bay.Sts.B.). With gold boiler bands. Locomotive running number 3201 did around 1906-07.

Model:

With digital decoder mfx and extensive sound functions. Controlled high-efficiency propulsion. 2 axles powered. Traction tires. Suitable for use smoke 72270th direction change over two headlights and upgradable smoke in conventional operation can be controlled digitally. Oncoming trains and cab lighting additionally digitally. The headlights are maintenance-free warm white light emitting diodes (LED). Detailed landing gear with open-bar frame. Streamlined paneling of smoke chamber, fireplace, cathedral and cylinder group and streamlined designed cab. Close coupling between the locomotive and tender. At the tender kinematics close coupler with NEM. The minimum radius of 360 mm. Piston rod protection sleeves are included separately.
Length over the buffers 25.1 cm. Locomotive is packaged in a decorative wooden box. Booklet on the history of S is 2.6.

At a Glance:

- Completely new tooling.
- Packed in a decorative wooden box.
- With booklet on the history of S 6.2.
- Very intricate and detailed design.
- The locomotive and tender are constructed mostly of metal.
- Mfx decoder with extensive sound and lighting functions.

One-time series.

Price € 499.95

You can find this product in a DC version in the Trix H0 assortment under item no. 22049

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

BR05 cab forward(39053)到着

名古屋めるぽっぽクラブさんの掲示板に上げたものと同じものになります。
(近日中に詳細なレポートに書き換える予定です)

2014年のインサイダーモデル キャブフォワードのBR05(39053)が届きましたので簡単なレビューでも。

外見:鰻のような「するり」とした印象を良く表していながら細かいディテールも施して有り、言う事の無い良いレベルの出来だと思います。炭水車も含めてダイキャストですので重量もかなり(844g)有り、牽引力もなかなかです。

内部機構:BR05(37050)やBR61(26610)と同じく、先台車(&従台車)と動輪がリンク機構により互い違いに動き、急カーブ対策がなされています。流線型ボディーは前後がかなり絞られているので先台車(&従台車)が当たる部分には小さな切欠きが施されています。

走行性能:このモデル、型番が「39053」のCサインモーター用の型番なのですが、実は載っているモーターは通常モーター(缶モーター)となっています。走りはCサインモーター並に十分滑らかかつ静粛です。高速走行でもカーブで脱線しない様に先台車の抑えバネはかなり固めで車重が掛かる様に配慮されています。

サウンド:これが一寸難点かなと感じます。と言いますのも動輪の回転に同期するブラスト音のテンポが速すぎる。倍速で回転している様に感じるテンポです。どうにか調整出来ないか情報収集中です。

総合評価:ブラスト音のサウンド以外は100点、マイナーなキャブフォワード機をモデル化してくれた事を入れれば120点です(^_^)BR05のキャブフォワード機がお好きでしたら手に入れるべきモデルだと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

赤いやつが(BR05 cabfoward 39053)

German State Railroad (DRB) class 05 streamlined express steam locomotive. Version with powdered coal firing and the engineer's cab at the front.

39053


今年の新製品 BR05 蒸気機関車 (キャブフォワード型)が出荷開始し、ドイツの販売店から発送されました!(^^)!

BR05の通常タイプ、流線型タイプとともにやっと3種類目が揃う形になります。出来栄えが期待出来そうなので到着が非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

BR05 F-Zugカラー(Stahlblau) Marklin Insider model(39052)

待望の2013年新製品、BR05 F-Zugカラー(Stahlblau) Marklin Insider club 20年間会員用モデル (39052)が手元に届きました。

Simg_0032

Simg_0036

一言、「優等列車色のF-Zugカラーはやっぱり良いわ~」(^^)

F-Zugカラーは細身のBR03の方が繊細で似合うかなと思っていましたが、なかなかどうしてBR05でも良い感じです。

2007年のInsider modelであるBR05(39050)とカラーリング以外は基本的には同じで、レベルの高い仕上がりとなっています。

Simg_0027

ナンバーも同じく05 003です。

Simg_0025

直径2.3mの動輪も美しい仕上がりです。

Simg_0023

煙室部分と除煙板は黒色で、それ以外はテンダーも含めてブルー、下回りは赤色です。

実際走らせた感じでは、39050よりも走りの滑らかさが上がっている様に感じました。サウンドも低音の量感が豊かになっている様で、6年間で何がしかの改良がなされているみたいですね。

Epoch IIIがお好きでしたらお薦めのモデルです。
F-Zugカラーもお好きでしたらぜひお手元に。

(2013.04.22)写真変更と追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

青いやつが...(39052 BR05 F-Zug)

39052br05

某店でダメ元で入れたオーダーがすんなりと通り、青いやつ(Maerklin insider 20年間会員用モデル #39052、BR05、F-Zugカラー)が発送された模様。

某店ってどこ? ってのは、内緒って事で...(^^ゞ

それにしても予想外に大きな魚が釣れて驚いています。

ファンタジーモデルとは言え、当時、F-Zugカラーへの塗り替え計画が実際に有った様なので、まあ実車扱いでも良いのかな。

Blauer Enzian(HWZ)と良く似合いそうで期待が高まります。こうなるとF-Zugカラーの03.10もちゃんと出してもらわないとね、メル社様(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

BR53(Era III) (37020)

今年の新製品が早くも到着しました(^^)

インサイダーモデルのBR53(Era III) (37020)です。

Simg_0001

計画段階で敗戦となり、実車は造られなかった形式です。

マレー式の走り装置に加えて復水式テンダーなのでデカいですね(^^)

Simg_0004

車体が長いのでコンパクトデジカメでは後ろの方はピントが合いません。

Simg_0005

こちらが復水式テンダーです。冷却用のファンもちゃんと回転します。

Simg_0008

車両番号は53 0012ですね。

エポックIIIですのでライヒスバーンではなくてブンデスバーンとなっています。

フルサウンドモデルですので動作音や冷却ファンの回転音など多彩な音が楽しめます。

ただし、蒸気機関車のシュポシュポ音は有りません。と言うのも復水式蒸気機関車ですので使用済み蒸気は回収されてテンダーで水に戻る訳ですから排気音はしないのも当然至極(^^ゞ

外見も個性的、走行音も個性的で言う事無い出来です。

大型蒸気機関車好きでしたらお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

26556 Württemberg Express Train

2012年の新製品に関する情報もほぼ出尽くして今年の予算の割り振りも決まったので、ユーロが100円を割る円高の恩恵をさっそく受けようと、以前予算の関係で買い逃していたモデルを発注、さっそく到着したので旧モデルですがご紹介。

S2012_01280064

26556

26556 ヴュルテンベルク急行列車セットです。2009年の新製品でエポックIのモデルになります。

エポックIは以前から好きなのですが、39022バーデンIV h を最近導入して以来、ますます気になる存在になっています。

セットの牽引機はC型蒸気機関車です。以前にもC型蒸気機関車は紹介していますが今回のモデルはカラーリングが異なり緑ではなく青のツートンカラーになっています。

S2012_01280062

カラーリングが異なるだけでかなり印象が異なりますが、これもまた別の美しさが有ると感じます。

最近の製品ですので以前とは異なりフルサウンド搭載で、走らせても楽しめるモデルとなっています。

S2012_01280065

S2012_01280066

編成の客車はエポックIらしい古典的なスタイルで趣が有ります。郵便車が入っているのもポイントが高いですね(^^)

エポックIがお好きでしたら大いにお薦め出来るモデルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧