2010年11月14日 (日)

TEE Bavaria (26557) 食堂車

TEE Bavaria セットに含まれているスイス国鉄の食堂車の紹介です

(写真はクリックすると大きくなります)

Resize0001

真横から1枚

Resize0004_2

斜めから1枚

屋根上に付いているパンタグラフが格好良いですね。側面のTEEマークも良いです。

以下、拡大写真3枚です。

Resize0009

Resize0010

Resize0013

うーん、明らかに窓が小さい(^^ゞ

それを除けば良い感じです。

Resize0015

サボです。ミュンヘン発チューリッヒ行きですね。

Resize0017

車両番号は 51 85 88-70 000-6 です。トップナンバーなのかな?

Resize0018

欧州各国への乗り入れ可能表示です。

Resize0029

1973年4月3日 と 1974年4月2日 車両検査日(有効期限)かな?

Resize0027

屋根上のパンタグラフです。細かく造り込んであります。

Resize0030

テーブルとテーブルランプです。残念ながらランプは灯きません。

テーブルは白く塗られています。

以上、写真を中心に簡単ですがレポを終わります。

実車を含めた詳しい解説は某氏にお任せします(^^ゞ

ではでは~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

F-Zug F13/14 "Dompfeil" 2回目 2等/半室食堂車 ABR4uee 29/52 (Liliput L384511)

F-Zug-Halbspeisewagen, DB, Epoche III. Bauart ABR4uee 29/52 (11 407 Han)

F-Zug F13/14 "Dompfeil"の車輌紹介のつづきです。今回は2等/半室食堂車 ABR4uee 29/52 (Liliput L384511)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_03170047
ABR4uee 29/52 (11 407 Han) (Liliput L384511)

F-Zugのなかで比較的運行距離が短く、食堂車の需要が少ない路線で使用するために、ABC4ue-29から2等/半室食堂車に改造された車輌です。合計で以下の4両が作成された様です。

No  11 407  (1967/8に廃車)
No  11 437  (1968/9に廃車)
No  14 147  (1973/10に廃車)
No  15 510  (1973/9に廃車)

車輌内部は、中央から右半分が食堂&厨房部分で、左半分が1等および2等室です。

車体側面のDBの文字のすぐ左が1等室部分で定員4人の部屋が1つ、その左からが2等室部分で定員6人の部屋が3つとなっています。1等室の定員は4人、2等室が18人ですので車輌の定員は22人です。

また、食堂室の座席数は4人用のテーブルが3つと2人用のテーブルが3つですので合計で18席です。

この車輌も前回と同じく、形式上は1等と2等の合造車ですが、乗降口ドアの横に書かれている等級表示は「2」のみとなっています。

S2010_03170048
ABR4uee 29/52 (11 407 Han) (Liliput L384511)

カラーリングはF-Zugに基づくもので、車体が鉄青色で白色のラインが窓下に2本と窓上に1本、屋根は銀色、下回りは黒色です。車体中央にはDBの文字が(実車では切り抜き文字で)あしらわれています。

S2010_03170020
ABR4uee 29/52 (11 407 Han) (Liliput L384511)

半室食堂車ですので、食堂&厨房部分には"SPEISERAUM"の文字とDSG社の社章があしらわれています。

S2010_03170018
ABR4uee 29/52 (11 407 Han) (Liliput L384511)

車輌のサボはハノーファー行です。号車番号の札は無いようです。

S2010_03170021
ABR4uee 29/52 (11 407 Han) (Liliput L384511)

車輌番号は 11 407 Han  ABR4uee です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

ICEカラー 食堂車 WRmh132.1 (ROCO 45177)

IC dining coach, DB-AG, in ICE livery.

今回はROCOのICEカラー食堂車 WRmh132.1 (ROCO 45177)をご紹介します。

S2010_03090035
WRmh132.1 (ROCO 45177)

1964年から配備が開始され、TEEなどで使用されていた食堂車の系列に属する車輌です。実車では一般に全長が26.4mの車輌が多いのですが、この系列の食堂車は全長が27.5m有ります。

S2010_03090036
WRmh132.1 (ROCO 45177)

車輌の右半分がキッチン部分で、左半分が座席部分となります。座席定員は2人用のテーブルと4人用のテーブルがそれぞれ7つ有りますので総計42人です。

実車仕様一覧

全長:27,500mm
全幅:2805mm
全高:4050mm
車輌重量:48t
台車形式:MD 36
許容最高速度:200Km/h

S2010_03090037
WRmh132.1 (ROCO 45177)

車輌番号は WRmh132.1  61 80 88-92 107-6 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

ICEカラー IC客車セット (43304) 2回目 1等/ビストロ 合造車 ARkimbz262.4

Type ARkimbz 262.4 Bistro car, 1st class.

ICEカラー IC客車セット (43304) の紹介の2回目です。今回は1等/ビストロ 合造車 ARkimbz262.4を取り上げます。

S2010_03090017
ARkimbz262.4 (43304)

写真の中央から左半分が1等室、右半分が食堂室となっている合造車です。元はABm225(UIC-X !!)であった客車を改造してこの形式となりました。

左側の1等車部分は個室タイプ客室とオープンタイプ客室に分かれていて、個室タイプ部分は2室で定員が8名、オープンタイプ部分の定員は10名です。また、右半分の食堂室部分の定員は9名となっています。

S2010_03090018
ARkimbz262.4 (43304)

カラーリングはこのセット共通のICEカラーですが、側面に"BordBistro"のロゴが入っているのが特徴と言えます。

S2010_03090028
ARkimbz262.4 (43304)

実車仕様一覧

全長:26,400mm
全幅:2825mm
全高:4050mm
車輌重量:51t
台車形式:MD36
許容最高速度:200Km/h

S2010_03090027
ARkimbz262.4 (43304)

車輌番号は ARkimbz262.4  61 80 85-94 812-2 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

"Blauer Enzian" TEE 55/56 Car Display (00776) 4回目 食堂車 WRuemh132 (00776-10)

"Blauer Enzian"  TEE 55/56 Car Display (00776)の紹介の4回目です。

今回は食堂車 WRuemh 132(00776-10)を取り上げます。

(写真はクリックすると大きくなります(^^))

S2010_02220033
WRuemh 132(00776-10)

TEEの編成で一般的に見られる食堂車ですが、メルクリンの新規格客車では初めての登場となります。今まではラインゴルドのコブ付き食堂車だけでしたので、このモデルの登場によりTEEの編成を組む上でのバリエーションが広がりました。

S2010_02220034
WRuemh 132(00776-10)

モデルとしての出来は非常に良く、テーブルランプが別付けパーツで再現されている上に窓ガラスの透明度&平滑度が良い為、精密感が向上しています。

TEEカラーにあしらわれたDSGの文字がカッコいいです(^^)

S2010_02220049
WRuemh 132(00776-10)

サボはミュンヘン行で、号車番号は有りません。

S2010_02220048
WRuemh 132(00776-10)

車輌番号は WRuemh 132  61 80 88-80 114-6 です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月 6日 (土)

オーストリア国鉄(OeBB) 食堂車 (ROCO 44234)

Eurofima restaurant car, OeBB, in traffic-red/umber-grey livery.

オーストリア国鉄の車輌紹介の続きです。

今回は食堂車を取り上げます。

S2010_01270007

前回までご紹介していたメルクリンのOeBB急行列車セット(42723)の客車3両ではさすがに編成としては寂しいものが有りましたので、追加で入線させたのが今回の食堂車と次回ご紹介する2等車になります。

オーストリア国鉄の食堂車はメルクリンからは発売されていませんので調達先は自然とROCOとなります。銀座天賞堂の3階で、店頭にて在庫を見つけ入線させました。

S2010_01270008

ユーロフィーマタイプの食堂車になります。形式はWRmz 61 81 88-90 です。

実車仕様一覧

形式:WRmz 61 81 88-90 (元WRmz 61 81 88-70)
(WRmz 61 81 88-70の車番102、104の2両が後に許容最高速度が200Km/hになったのでWRmz 61 81 88-90となる)

製造年:1981年(WRmz 61 81 88-70)
製造両数:5両(WRmz 61 81 88-70)

車輌番号:100-104(WRmz 61 81 88-70)
(WRmz 61 81 88-70の車番102、104が後に許容最高速度が200Km/hになったのでWRmz 61 81 88-90となる)

全長:26,400mm
台車間距離:19,000mm
全幅:2825mm
車輌重量:51t
定員:食堂室定員 43人
台車形式:SGP VS-RIC
許容最高速度:200 km/h

S2010_01270019
食堂車の愛称が「TRAINRISTO」の様です(^^)

ROCOの製品の中ではショートスケール(=車長のみが1/100 スケールのモデルの事)の廉価版にあたる製品ですが、手摺が別付けパーツになっている等、メルクリンと比べて細かい所まで造り込んでいて、お買い得なモデルとなっています。

S2010_01270018

車輌番号は WRmz 61 81 88-90 102-8 です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

Die Baureihe 61. und der Henschel-Wegmann-Zug (Ek-Verlag Gmbh)

  先日、以前から探していたBR61&HWZに関する本がやっと入手出来ましたのでご紹介したいと思います。出版元はアイゼンバーン・クーリエを出しているEK-Velrag社です。

S2010_01290001

ハードカバー: 160ページ
出版社: Ek-Verlag Gmbh
言語:ドイツ語
ISBN-10: 3882551615
ISBN-13: 978-3882551617
発売日: 2005/10
本のサイズ: 29.8 x 21 x 1.6 cm

メルクリンのBR61に関してはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/henschel-wegman.htmlで、同HWZ客車に関してはhttp://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/henschel-wegm-1.htmlにてご紹介しましたが、本書はそれらの実車に関して1冊にまとめた物になります。

加えて、HWZ客車が戦後、 F 55/56 "Blauer Enzian" (http://2008-deep-blue.tea-nifty.com/blog/2010/01/f-5556-blauer-e.html) として復活した姿も含めて解説されています。

S2010_01290002
本書の目次

1.HWZの構想段階から実車の完成まで

S2010_01290003

S2010_01290021

S2010_01290004

S2010_01290022

2.HWZ客車

S2010_01290005
各車輌の写真と図面

S2010_01290006
車内の様子

3.完成披露

S2010_01290007

S2010_01290008
中央:アドルフ・ヒトラー

4.BR61 2号機 61-002

S2010_01290009

S2010_01290010
左ページ下の写真はヘンシェル社からDRGへの出荷回送の様子。連絡線がKasselの街中を通っている。

5.戦後、F 55/56 "Blauer Enzian"で復活したHWZ客車

S2010_01290011
試案と実車図面 その1 (食堂/荷物 合造車)

荷物室と食堂室キッチンの間に有るのは、編成に電気を供給するディーゼル発電機(x2機)。

S2010_01290012
試案と実車図面 その2 (中間車と展望車)

S2010_01290013
車内の様子:

左ページの右上は元(DRG時代)3等室2部屋を1つにして定員8(3+2+3)人の部屋にしたもの。左下は展望室。右ページの上は展望室を逆方向から見た写真。下は上記8人部屋を逆方向から撮ったもの(元は2部屋なので窓ガラスが2枚有る)。

S2010_01290014
各車輌の写真

6.戦後の BR61 2号機 61-002(東ドイツにて)

S2010_01290017

この様にページ数の割には非常に濃い内容に仕上がっています。BR61やHWZがお好きな方でしたらぜひお勧めします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

"Henschel-Wegmann" 列車セット 2005年インサイダーモデル (26610) 2回目 食堂室付き荷物車

"Henschel-Wegmann" Train Set. Insider model 2005 (26610)

今回からはBR61に牽引される客車編成をご紹介していきます。この編成はWegmann社により製造され以下の4両から構成されています。

1.食堂室付き荷物車
2.2/3等車 その1
3.2/3等車 その2
4.展望室付き2/3等車

乗車定員は編成全体で2等席が48席、3等席が144席、そして食堂室部分の定員が23席となっています。

今回はその中から「1.食堂室付き荷物車」を紹介します。

S2010_01050002

車輌の先端に曲面ガラスを持ち、ベージュとパープルに彩られた非常に美しい客車です。車体の4割が荷物室、残りの6割ほどが食堂室部分となっていて定員は23席です。車体の下回り&台車部分まで流線型のスカートで覆われており高速走行時の空気抵抗を考慮している事が伺われます。

S2010_01050003

モデルのレタリングに従えば車輌の仕様は以下の通り

車輌重量:37.6t
全長:22.46m
定員:23人

S2010_01050016

カラーリングは車体の窓周りがベージュ&残りがパープル、屋根がシルバー、下回りはシルバーで車体との境界に黒色のラインが入れられています。食堂室部分にはSPEISERAUMの文字がレタリングされています。

S2010_01050017
S2010_01050012

車輌番号は SWRPwPost4u Berlin 10401 となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031) 3回目 食堂車

F-Zug wagen set "Blauer Enzian" (Liliput 350031)

F 55/56 "Blauer Enzian" (Liliput 350031)セットの紹介の3回目になります。今回は食堂車を取り上げます。

S2009_12190011

エポック3の時代によく見られる一般的な食堂車で、外見的には特に目立つ特徴などは見受けられません。車輌の1/3ほどが厨房部分で残りの2/3が食堂部分となっています。食堂部分には4人掛けのテーブルが7つ、2人掛けのテーブルが8つ配置されていて合計44席となっています。

当時の写真などを見ると、このタイプ以外にもSchuerzen-wagenの食堂車も使用されています。

S2009_12190012

カラーリングは車体が一般的な赤色、屋根が銀色、下回りが黒色で、車体中央にDSGのレタリングとマークが黄色で施されています。

S2009_12190031

車輌番号は WR4u(e) 1050 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

スイス国鉄 ヒストリック旧型客車セット I (ROCO 45916) 2回目 食堂車

Roco 4-piece historic train set of the SBB (ROCO 45916).
Set consisting of two 3rd class "Inlandswagen" (domestic services) cars with different road numbers, a 2nd/3rd class "Inlandswagen" car and a dining car.

スイス国鉄 ヒストリック旧型客車セット I (ROCO 45916) の紹介の2回目です。

S2009_11160056

今回は編成に含まれている食堂車を取り上げます。なんと言っても欧州鉄道では食堂車が無い事には話が始まりません(^^)

セットの客車と同様に古めかしい外見をしていて、鉄道の古き良き時代を想い起こさせてくれます。車両の1/3程が厨房、残りの2/3程が食堂部分となっています。食堂に並んだテーブル上面は白色で彩色されておりテーブルクロスが表現されています。古めかしい外見をした車両ですがセットの客車同様に台車はやはり新し目の物を履いています。

S2009_11160057

カラーリングは車体が茶色、屋根がグレー、下回りもグレーに塗られており、乗降口手摺の黄色がワンポイントとなっています。

S2009_11160063

車両番号は Dr4 25 となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)